PR

ち〇さな僕らのお姫さま。(エロ漫画)のあらすじネタバレや口コミレビュー

ち〇さな僕らのお姫さま

『ち〇さな僕らのお姫さま。』は、サークル三万三千こいきんぐから販売されている同人エロ漫画です。

FANZA専売の作品で2023年12月21日から配信が始まっています。

ミニマム巨乳JKとの体格差えっちが楽しめちゃいます^^

あらすじ・ネタバレ情報(サンプル画像あり)

とある漫画研究会。

大原慎二は、そこに所属する絵描きで、彼の夢はプロの作家になること。

園部ひなのは、そこに所属する唯一の女性部員。

彼女の趣味はアニメキャラクターのコスプレをすること。

二人はお互い密かに好意を抱いていた。

だが、男子4人に女子1人という構成で、歪だがオタク趣味という共通性で良好なコミニュティを壊したくない心遣いから、二人とも次の一歩を踏み出せずにいた。

出版社の賞などを受賞して、作家としてどんどん成長していく慎二。

ひなのは自分もコスプレイヤーとして成長し、いつか彼と一緒にイベントに出るという夢を胸に抱くようになった。

そんな中、ひなののSNSアカウントにある日“森のくまさん”を名乗るカメラマンから、貴方を撮影したいというメッセージが届いた。

“森のくまさん”こと木幡。彼は以前からSNSでひなののコスプレを応援していたファンの一人で、レイヤーをたくさん撮ってきた腕のいいカメラマンだった。

「自分も大原くんみたいに、レイヤーとしてもっと成長したい!」そう思い立ち、撮影を承諾したひなの

撮影当日、木幡の体躯のあまりの大きさにたじろぐひなのだったが、撮影は無事に終了する。

貰った写真はSNSでの反応も良く、それ以来彼女は何度も木幡に撮影をお願いすることになる。

ある時、木幡から撮影に対する見返りを求められたひなのは、何の気なしに快諾する。

しかしそれは『肉体関係の要求』であった。

激しく拒絶するひなの・・・。

しかし、自分はこれまで何度となく撮影を協力してもらったお返しを何も出来てない、その罪悪感に負けて過ちを許してしまう。

初めての接吻・・・、初めての行為・・・。

本当は大好きな慎二に捧げたかった全てを、木幡に奪われるひなの。

そして、その日から自分の倍ほどある大きな大きな身体の男の、下品な要求に応える過酷な日々が始まった…。

【サンプル画像はこちら!】

配信開始日2023年12月21日
利用期限無期限
ファイル容量423.88MB
ページ数67ページ
サークル三万三千こいきんぐ

口コミレビューや感想を紹介します

エロ漫画の口コミ

『ち〇さな僕らのお姫さま。』を購入した方々の口コミレビューや感想を調べました。

「新作が出てことを知って購入しました。期待していた通りエロかったです。おかげさまでしっかりヌケました!」

「安定のミニマム巨乳ガール、良いですね。コスプレもバリエーションが多くて楽しめました。」

「コスプレえっちが刺さりました。肉感のある描写でグッドです。ひなのちゃんは木場のチ○ポから離れられなくなっちゃいましたね^^」

管理人のコメント評価

『ち〇さな僕らのお姫さま。』は、ミニマム巨乳JKとの体格差えっちが楽しめる作品です。

カメラマンの木場からの要求に応えているうちに、快楽を忘れられなくなっていく過程が興奮しますね!

憧れの慎二君とのデートもすっぽかして、木場とえっちしちゃっています^^

NTR系ですが不快感はほとんどないので、誰でも楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました